×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Live

a-nation'05 powered by Weider

No. 曲目
01 FACES PLACES
02 wanna Be A Dreammaker
03 Love goes on!!
04 Feel Like dance
日程 会場
2005/08/20(土) 味の素スタジアム
出演アーティスト
m-flo / 鈴木亜美 / 大塚愛 / 倖田來未 / hitomi / 島谷ひとみ / BoA / globe / Every Little Thing / TRF / 浜崎あゆみ (出演順)
No. 曲目
01 Feel Like dance
02 Love goes on !!
03 FACES PLACES
04 Judgement
05 wanna Be A Dreammaker
06 Love again
日程 会場
2005/08/28(日) 神戸ポートアイランド2期”神戸空港北会場”
出演アーティスト
鈴木亜美 / ロードオブメジャー / Do As Infinity / 島谷ひとみ / 大塚愛 / 倖田來未 / BoA / globe / Every Little Thing / TRF / 浜崎あゆみ (出演順)
解説

 豪華アーティストが共演する真夏のフェスティバル「a-nation」にSurprise Artistとして出演。

 8月20日。 この日、東京は最高気温34℃の真夏日となった。 開場前、グッズ売り場には長蛇の列。 a-nationオフィシャルグッズの他に、アーティスト別のグッズも販売されていた。 globeは2日間だけの参加ではあるが、a-nation用に作られたグッズ(Tシャツ、キャップ、リストバンド、マフラータオル、そしてglobe book)が売られていた。 MARCがデザインしたというこのグッズには、ドクロが描かれていて、globeのロゴマークも入っている。

 会場に入ると、アリーナ面にはパイプイスが整然と並んでいて、4万5000人を動員する広い会場が目に飛び込んでくる。 上を見上げると澄み渡る青空。 ステージには左右に大きなモニターがあり、そのモニターで次に出てくるアーティストを紹介し、 その紹介の後アーティストがステージに出てくるという形で進行した。

 globeが登場したのは18時過ぎで、ちょうど陽が暮れはじめた頃。 BoAのパフォーマンスが終わると、ステージには、明らかに小室さんのだと分かる(笑)シンセブースがセッティングされていった。 準備が終わり、ステージ左右のモニターにglobeを紹介する映像がLove again(global trance version)とともに流れると、会場からは歓声が上がります。 「FACES PLACES」のイントロが流れ出すとリズムに乗って手拍子が沸き起こり、globeが登場すると会場は一気にヒートアップ。 この日のglobeは3人とも白を基調とした衣装で、KEIKOの胸には、2日前に33歳の誕生日を迎えたこともあり、赤で33の文字。 TKはキャップをかぶり、ギターを弾いています。 立ち位置はdecadeツアー同様、向かって左からMARC、KEIKO、TK。 中央のステージ上部のスクリーンには地球の映像が流れていた。 「wanna Be A Dreammaker」はdecadeバージョンで、KEIKOは絶唱し、MARCは踊りまくる。

 ここでMC。 MARCが「おかげさまでglobe10周年を迎えました。 これからも突っ走っていくんでよろしく!」とあいさつした。 「次はついこの間出たアルバムglobe2から、『Love goes on !!』」とMARCが紹介し、新曲の演奏へ。 知らない人もいるためか盛り上がりには多少欠けたが、ファンにとってライブで新曲を聴けるのは嬉しいもの。 最後は「Feel Like dance」。 これまたdecadeバージョンだが、今回は久しぶりに“ふぃ〜らい・バーン”がありました!(←最初の“Feel Like”の後の“dance”に合わせてなんか飛び出た!) 会場は一体となって大盛り上がり。 MARCはステージを左右に走り、さらに会場を盛り上げます。 歌い終わり、アウトロになったところでMARC・KEIKOが先に退場。 そして最後にTKが、片手をあげて観客の声援にこたえ、ステージを後にした。